販促スタンドポップを探すなら【スタンドポップランキング】

HOME > スタンドポップ情報 > スタンドポップの見せ方ポイント

スタンドポップの見せ方ポイント

 スタンドポップと言いますのは一般的に見るポップを意味し、スイングポップと同じ様に前に販売品の案内を記して活用するものになります。よく見られる四角いものから始まりイラストの形態に添ってカットしているものなどバリエーションは多種多様です。ひとつひとつを効果的に区分して利用することにより一層役割を果たします。個々にをどういった所に活用するのか、これに関しては非常に大きなポイントになってくると考えられます。訴求に関する効果を引き上げるため、どこででも問題ないというわけではありません。非常によく活用されているのは、陳列棚になります。陳列棚の原則として、フェイスを揃えて、きちんと充足させておくことでしょう。たくさんの販売品を示すことで取り扱い商品数を訴えかけることが可能ですし、セールスするチャンスを増加させることができます。

 そして、あらためていうまでもなく、究極的な購買の後押しする所としまして、レジ横に関しては大切なポイントとなります。当然、お財布を出す状態ですので、おつりによって手に入れることができるような物であるとか、購入を忘れそうなものそれから、買い足ししてみたくなるようなものの設置を行っていると考えられます。ここのところに、スタンドポップをおくことによって、視線を呼び寄せることが実現可能になります。ワゴンに対して陳列を実施するケースでも、スタンドポップは、充分に効果を見せてくれます。パネル状と化しているポップを活用することになれば、容易に倒れることもなくて、きちんと固定化することができ、いくらかぶつかってしまうことが見られるワゴンであっても安心することができます。

 スタンドポップにおいてはブックエンドスタイルもあります。これに関しては特徴のある3次元スタイルのポップになります。具体的には、陳列棚にセッティングして、ポップ上に販売品を陳列して活用することによりありとあらゆる角度によって販売品を取り上げることができます。下にセッティングするとはいえ、それはポップを固定化するためで、ポップという形で作用する部分は陳列棚の前に掛けるようにします。販売商品の横に立てる様にポップを起こすことも可能ですから、販売品の仕切りという形でも利用できます。そして、ポップを作り込む場合に留意しておきたいのは、キャッチフレーズを主体にすることです。品名は肝要ではありません。効果的な見せ方として、視線を奪ってしまうアイキャッチという形で用いるわけですから、不必要な情報自体を雑然ととさせるのでなく、奨励できる部分を浮き彫りにするような形にすることが重要になります。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る