販促スタンドポップを探すなら【スタンドポップランキング】

HOME > スタンドポップ情報 > スタンドのポップをうまく作成するコツ

スタンドのポップをうまく作成するコツ

スタンドのポップは商品の特徴をアピールできるため、販促をするために使うと利用客に興味を示してもらえることが特徴です。
商品はただ単に所定の場所に置くことだけで売上を伸ばすことは難しく、販促をするとチャンスを活かせるため効果があります。
スタンド形式は垂直に立てるため高さを調整して見やすくすることを心がけ、設置する場所の状況に応じてポップのデザインを決めることが大事です。
販促は自分なりに考えてアイデアを出すとコツをつかめ、利用者を増やして売上を伸ばすきっかけにすると役に立ちます。
スタンドのポップをうまく作成するコツは利用者に注目され、商品を試すきっかけになるようにすると効果が高いです。
販促をする時は限られた時間の中でほしい商品を探せるように工夫し、リピーターを増やして売上を伸ばせるように考える必要があります。



スタンドタイプのポップが持つ魅力とは

商品やサービスの紹介にはポップが必須となりますが、サイズやデザインなど様々なタイプが存在しているため、選び方も重要なポイントとなります。
例えば、スタンドタイプのポップは高さがあることから、平台の上に乗せる使い方は店内の見通しを悪くするでしょう。
ただし、壁際に設置するのであればデメリットはありませんので、アイデア次第では販促物としての効果が得られます。
また、スタンドタイプの特徴である高さを生かし、人物やキャラクターなどの印刷もひとつの工夫です。
たくさんの文字を印刷するよりも効果が得られる場合があり、店出入口や奥行きのある店舗では離れた場所からでも視線がキャッチできます。
役割としては視線のキャッチで客足を設置場所に誘導し、通常のポップに価格や商品案内を印刷するのも良いでしょう。
販促物は使い分けが大切なポイントですので、計画を立ててからの設置が望ましいといえます。



バナースタンドタイプのポップで宣伝

お店の外や中には販促用品が置いてあり、外には看板やのぼりが基本になっています。
また最近は移動が便利な販促用品が多く、バナースタンドタイプのポップもそのひとつです。
バナーと言うのは旗や幕といった意味がありますが、旗と棒の部分が別になっている販促用品になります。
そのため旗を変えれば様々な用途に活用でき、おすすめメニューやキャンペーン情報などを印刷できます。
またスタンドタイプのポップには小さいものもあり、バナータイプのものはお店の外に出す大きなサイズが特徴です。
お店だけではなく企業などの展示会にもおすすめで、展示会場でも大きな販促用品はインパクトがあります。
そして何といってもバナースタンドタイプのポップは、折りたたみ式になっていて持ち運びが自由です。
簡単に移動もできるので、その状態に合わせて場所の変更もできます。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る